腰椎分離症

Pocket

体が柔らかい小学校から中学・高校生の成長期のスポーツ選手が腰を反ると痛みを訴える場合には腰椎分離症を疑います。

ジャンプや腰の回旋を行うことで腰椎の後方部分に亀裂が入って起こります。

ケガのように1回で起こるわけではなく、スポーツの練習など繰り返し腰をそらしたり回したりすることで発生します。

一般の人では5%程度に発生しますが、スポーツ選手では30~40%の人に発生しています。

主にスポーツ活動による腰を反らして捻る動作を繰り返すことで引き起こされる疲労骨折です。

スポーツ活動ではぎっくり腰などの急性腰痛が発生することも多いですが、その場合1~2週間で改善します。

もし2週間以上長引く場合は腰椎分離症である可能性を疑います。

サッカー、バレーボール、野球、ソフトボール、バスケットボール、テニス、水泳などなど

病院では疲労骨折による痛みは骨折が治ると改善すると考えコルセットにより腰の反り返りと捻りの動作を防ぐ処置をします。

当院では腰椎分離症に効果のある特殊な手技と電気療法で早期回復を実現します。

早期改善をご希望の方は是非、米国整体 DE いの一番にお気軽にご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


Top