ボキボキ矯正が危険???接骨院が整体院?

Pocket

よく巷で「ボキボキ矯正は危険です」とか「当院はボキボキするような矯正は致しません」

とか耳にしますが、その情報は誤った情報です。

2週間ほどの教育しか受けておらずにボキボキバキバキさせれば気持ち良くて矯正できているなんて思っている

「自称カイロプラクター」もいるかと思います。

しかし、カイロプラクティックの本場アメリカでは

「ディバーシファイドテクニック」や「ガンステッドテクニック」のように

確率された素晴らしいテクニックで効果を出されている先生方も沢山いらっしゃいます。

そのテクニックを使いこなせれない技術者は「ボキボキは危険」とか「当院はボキボキバキバキしません」

とか言って適切な施術をされている先生の領海をも侵しているのです。

現在の接骨院「ほねつぎ」は字のごとく、「骨を接ぐ」から由来しています。

私がカイロプラクティックカレッジを卒業し最初に教わった接骨院では

毎日100人程の外傷で悩んでいる患者さんが来院され院長や副院長の先生らが

骨折などされた患者さんを触診し、骨を接いでいました。

毎日私はその技術を目の当たりにして今でも素晴らしさが目に焼き付いています。

もしその技術が整形外科の先生などから、

「骨を接ぐなんて危険である」と言われていたらどうでしょう?

接骨業界を侵害し先生方の生活をも脅かす事になったのではないでしょうか?

現在のカイロプラクティックや整体にも数々な団体があり数々なテクニックがあります。

その時の状況に合わせてテクニックを正しく使える施術者が「安全」ではないのでしょうか?

正しくほねつぎができる「柔道整復師や鍼灸師の国家資格」を「整体師の国家資格」のように振りかざさない

先生方が増えて頂きたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です