テニスにて脊椎分離症 豊橋 15歳 男性 

Pocket

腰椎分離症の為家族と来院、数々の整形外科や接骨院に行ったのだが良くならず、東京のクリニックに通う覚悟の末、当院のホームページを偶然ご覧になり、藁おもすがる気持ちで来院された。

実際拝見させて頂くとかなりの反りのある腰の為、激しく動くスポーツによる腰椎分離症を患わっている様子だ。

前屈時も後屈時も激しい痛みで何をしていても痛くて本人もいつも情緒不安定だと家族が話していた。

そして何処に行っても治らないのではと初対面なので当院にもあまり期待していない様子だった。

初日の施術では骨盤矯正と分離症矯正を施し、インディバアクティブによる痛みの緩和と細胞レベルのケアを施した。痛みは緩和され本人も家族もかなり驚いた。

ほんの少しだけ期待を持って頂けたようだ。

2回目の来院は学業がある為、1週間後。

前回の施術後、激しい下痢に1日襲われ5日後からまた腰が痛み出だした。

この下痢に関しては本人は胃腸がもともと弱く急激な体の変化による好転反応と思われる。

そしてまだ当然完治していないので元に戻りつつあるかと思われる。

前屈時、痛みはあるものの軽減している、後屈時、まだ痛みがある。

今週末試合がある為家族も本人もかなり焦りを感じる。

とりあえず、あまり無理をしないように出来る限り普段の生活は大人しく過ごしてもらう様説明。

当然テニスの練習もあるが特にサーブの姿勢は控えめでするように説明する。

今回の施術も骨盤矯正と分離症矯正にインディバアクティブ痛みの緩和と細胞レベルのケアを施す。

3回目の来院は試合も無事終わり10日後。

腰痛は殆ど無くなっていた。

前屈時異常なし、後屈時異常なし。

これには家族も当院も驚きを隠せれなかった。若いとこんなに早く良くなるものかと・・・

まだ気は抜けないのであと数回は通院をお願いした。

家族も本人も快く理解してくれた。

4回目の来院は4日後、全く痛みは発生していない。

前屈後屈、飛んでも跳ねても痛みは無し。家族も本人もかなり安心感が出てきた。

施術は分離症矯正とインディバアクティブによる細胞レベルの柔軟ケア。

5回目の来院1週間後、痛くなく絶好調と本人が語った。ご家族はとても感謝してくれた。

この日も念には念で分離症矯正とインディバアクティブ柔軟ケアを施す。

そして最後の来院、18日後、全く痛みもなく快調、次回は違和感を感じたら来院下さるよう説明。

その後、今度は弟さんと祖父の施術を頼まれました。

こんな様に腰椎分離症・脊椎分離症は早期発見・早期治療をすれば必ず改善されます。

もし貴方が分離症でお悩みなら、今すぐに当院、米国整体 DE いの一番にお電話下さい

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です